プロフィール

フォトアルバム
全力料理人

神戸の六甲山ホテルで新原里志料理長のもとで修行し宮崎のサンホテルフェニックスの割烹「住吉」梛木正和料理長のお世話になり民宿黒進へもどる。その後民宿をやめ、料理一本にしぼり、現在の「磯の味黒進」として生業とする。現在56歳。趣味は スキー・ギター・パソコン。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年10月 | メイン

2016年5月

2016年5月15日 (日)

宮崎牛の塩麹焼☆シンプル・イズ・ベスト☆

少しずつ、少しずつ料理は変化していきます。以前は宮崎牛を特製醤油に漬け込んで
焼いていたのですが、最近は特別な塩麹をすり込んで焼いています。。

宮崎牛本来の味を引き出す為に、シンプルにあまり手を加えずに
焼いて、お客様には、柚子塩 と 生醤油と 柚子胡椒 とで 
お好みに応じて お召し上がり戴いています。

やはり塩が一番、素材の味を引き出す、昔からのシンプルな料理法ですね。。

まだまだ進化するかも知れませんが、宮崎牛が濃厚な味なので
今のところは、ここに落ち着いています。

宮崎牛のランクもそうですが、部位によっても
かなり違いますね。。。

是非、ご賞味くださいませ。。

2016年5月 9日 (月)

食の有り難さ

心より熊本震災のお見舞い申し上げます。
衣食住の有り難さを身にしみて感じ入ります。。

毎日、当たり前に食べている食事やお風呂も
家族も全て、当たり前のように思っていますが
実はそれが有り難い。。

普通の生活がどれだけ有り難いことか。。

文字にして並べれば薄っぺらいような気がするが
どうしても書き留めておきたい。。

むかし、田舎の方では、近所付き合いが
濃く強かった記憶がある。

夕ご飯やお昼御飯時にご近所さんに
行くとどうぞ一緒に食べていかんねぇ〜〜と
よく誘われたものだった。。

ともに食事をするということで
みんな仲間意識が強くなっていった気がする。

もしかしたら原始時代に食物を分け合うという
種族の本能みたいなものがあるのではないか。。

一緒に食事をとれば心を許しあい
お互いを身近に感じる。。

会食とはそんな意味合いもあるのかもしれない。

そんな席を当店でお任せして頂ける
なんて精進誠意おもてなししなくては
申し訳ない。。

今日も感謝しています。。
ありがとうございます。。

磯の味 黒進 のサービス一覧

磯の味 黒進